「春秋の中掃除」のススメ

person holding yellow plastic spray bottle

はじめに

みなさま、年末の大掃除ってやりますか?

私も大掃除は年末(12月)にやるものだと思っていたのですが、 ある時期から考え方を変えて、春(4月)と秋(10月)にやることにしました。

「春秋の中掃除」のススメ

私は12月に大掃除をするのではなく、 4月と10月に中くらいの掃除をするという「春秋の中掃除」をおススメします。

「中掃除」とは、「大掃除の6割くらいの規模感の掃除」をやるという意味です。

「春秋の中掃除」をおススメする理由は以下の通りです。

気候がよい

12月って冬なので、寒くないですか? 大掃除となると窓をあけたり、何かを水で洗ったり流したり、雑巾がけなどをしたりするわけですが、 空気や水が冷たいと作業が捗りませんし、体調を崩す可能性もあります。

その点、4月は春、10月は秋なので、 暑くもなく寒くもなく、ちょうどよい気候で作業が捗ります。

作業を分割できる

年1回の大掃除ですべてをやろうとすると、 1日がかりで結構大掛かりな掃除をしなければなりません。

しかし、春秋の二回に分けることにより、 各回を6割くらいのパワーでやればいいので、 取り組みやすいと言えます。

また、 1年間も汚れをためると結構掃除が大変ですが、 半年に一回だとそれも軽減されます。

区切りがよい

4月や10月というのは、 年度の区切りであると同時に季節の区切りでもあり、 ちょうど衣替えの時期にあたります。

衣替えではホコリが出ることもありますし、 衣服の整理や処分が必要になることもあるでしょう。

そんな衣替えと掃除を同時にやってしまえば、 作業の効率化につながります。

おわりに

いかがでしょうか。

もちろん、年末に1回の大掃除をやって、 清新な住居と気持ちで正月を迎える、 というのもいいんですが、 私は春と秋に中掃除をやるほうが、 色々合理的にできるのではと思います。

ぜひお試し頂ければと思います。

タイトルとURLをコピーしました